ECサイト構築について知っておくべき知識

ECサイト構築の知識について

作者別: admin

ECサイト構築の基礎知識

ECサイト構築にあたって知っておくべき知識として、まずは運営業務に4つの内容があることです。商品管理として仕入れや在庫状況の確認、データ管理といった情報を集約することで出荷のスピードを高めたり在庫管理を徹底してロスを抑えることができます。次に、サイトの管理です。商品の登録をしたり、情報を季節に応じて案内を更新したりといった体裁を整えたりする作業を指します。また、アクセス解析を行なってマーケティング管理をすることができます。

他にもサポート管理という大事な仕事があります。クレーム対応や商品についての問い合わせや相談を受ける場所も必要です。メールでの対応をするのが一般的ですが、必要に応じて迅速に対応するべき場面や口頭での問い合わせが必要な時のために相談窓口を開示したりというのも仕事です。そして、ECサイトの最も肝であるのが売上管理です。商品の購入をされたものの支払いがほとんどがカード決済であり、中には払込票や振込対応がされています。これらの入金状況についてしっかりと入金がされているのかを確認し、未納があればその内容を確認をして顧客に問い合わせをすることが重要です。

これらの運営をしていくにあたって、全てを個人で立ち上げることは大変なことです。そこでECサイト構築をするのにある程度骨子が出来上がったサイトのソフトやシステムを購入してデザインを仕上げたり、文面や商品情報をわかりやすく入力するところから個人で始める方が初心者には向いていると言えます

ECサイトのニーズ急増

現代はインターネットなしには生活できない社会へとなっています。毎日の生活でたくさんの情報をインターネットから仕入れていますし、買い物もインターネットですませる人が増えています。ネットショッピングをすれば、重たい荷物でもどのような気候でも自宅まで荷物を運んでもらうことができますし、店舗で購入するよりも介入する企業が少ないためにリーズナブルに購入ができます。また、販売者側からしても店舗を構える必要も従業員の数も最低限に抑えられるのでコストが抑えられその分商品価格を抑えることができます。このようにお互いにとってメリットが高いためにネットショッピングの利益が高いとしてニーズはどんどん高まっています。

実店舗がインターネットショッピングのサイトも設けて両方の側面から販売促進をしているケースも増えています。特に、スマートフォンが浸透していることでインターネットショッピングを利用するのにもアプリを活用して行うことができるようになり、操作性も高まっています。このような点から高齢者の利用についても拡大しているために、今後どんどんニーズが高まって利用者が拡大することが予想されています。この点からも今後もインターネットでのショッピングサービスは利用者が高まると考えられており、それに対応するために企業は独自のECサイトを構築することを検討するケースも増えています。

参照資料・・・ECサイト構築のクラウドサービス「MODD」

ECサイト構築とは

ECサイトというのは、Eコマースのサービスを提供するウェブサイトです。Eコマースというのはインターネットを通じておこなわれるものやサービスを提供することの総称であり、簡単に言えばインターネットショッピングの販売サイトのことを指します。ECサイトには、サイトの種類が2種類あります。一つがモール型、もう一つが自社サイト型というのがあります。モール型というのは、大手のショッピングサイトに出店する形です。モール型のECサイトというのはモールが提供するものを利用しており、料金の決済についてもモールが代行をしてくれます。ショップの原型が整っており店舗管理のシステムも整っているので出品者はそのままそのサイトを使用してインターネットショップの経営が行えます。

それに対して自社サイト型というのは自分でECサイトを構築する必要があります。これが、ECサイト構築と言われる作業を行う必要があるサイトのことです。全く何もないところから自分で全て構築をしていくこともありますし、ECサイト構築ツールやECサイト構築サイトを活用して作っていくケースもあります。自由度が高いためにオリジナルのショップが作れること、モールへの利用手数料を支払う必要がないことといったメリットがありますが、決済のシステムまでも自分たちで作る必要があるために難易度は高いです。そこで、ここではこれからECサイト構築をする際に知っておくべき知識について紹介をしていきます。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén