現代はインターネットなしには生活できない社会へとなっています。毎日の生活でたくさんの情報をインターネットから仕入れていますし、買い物もインターネットですませる人が増えています。ネットショッピングをすれば、重たい荷物でもどのような気候でも自宅まで荷物を運んでもらうことができますし、店舗で購入するよりも介入する企業が少ないためにリーズナブルに購入ができます。また、販売者側からしても店舗を構える必要も従業員の数も最低限に抑えられるのでコストが抑えられその分商品価格を抑えることができます。このようにお互いにとってメリットが高いためにネットショッピングの利益が高いとしてニーズはどんどん高まっています。

実店舗がインターネットショッピングのサイトも設けて両方の側面から販売促進をしているケースも増えています。特に、スマートフォンが浸透していることでインターネットショッピングを利用するのにもアプリを活用して行うことができるようになり、操作性も高まっています。このような点から高齢者の利用についても拡大しているために、今後どんどんニーズが高まって利用者が拡大することが予想されています。この点からも今後もインターネットでのショッピングサービスは利用者が高まると考えられており、それに対応するために企業は独自のECサイトを構築することを検討するケースも増えています。

参照資料・・・ECサイト構築のクラウドサービス「MODD」